株式会社石友スタッフブログ

株式会社石友のスタッフブログです。

トップページ スタッフブログ

専門職集団の四方山話 〜「工房」筆を選ぶ〜

2016年02月26日

Aria106には

「心を入れて創り、心を込めて売る」

を実践する専門職の仲間たちが集まっています。

その空間には、たくさんの「心」があります。

皆さんにその「心」をお伝えしたい。

そんな思いで始めた四方山です。

Yomoyama2 「工房」筆を選ぶ

「弘法筆を選ばず」という有名な諺をご存知でしょうか?

その意味は「その道を極めた者は、道具の善し悪しに関係なく一流の仕事をする」と言うことですが、

ここAria106の工房では筆(道具)を選んでいます。

でも、安心してください!決して技術が無いからではありません。

この工房では、商品のクォリティを「これでイイ!」では無く、「コレが善い!!」を求め続けているからなのです。


これはやっとこ(矢床)と呼ばれる道具ですが、それぞれ先端のカタチが違うことにお気づきでしょうか?

購入したばかりの先端は左端のカタチです。やっとこ(矢床)で掴みたいモノの形状の違いによって、その先端を作りあげ、より掴みやすく、手先の感覚がフィットするように先端を調整していくのだそうです。

工房でひとりの職人がつぶやいていました。

「これでイイは妥協の結果、コレが善いは努力の成果」

工房の職人たちは、妥協したくないから道具の選択にも心を配り、

その心がお客様に届くよう想いをこめて、商品を作っています。

私たちはお客様の「コレが善い!!」を言葉を聞きたい、という想いを込め

イシトモ・ジュエリーをお届けしています。


作業机に設置された道具たち。いつでもスタンバイオーケーで、出番を待っています。一見無造作に並んでいるようですが、ちゃんと並ぶ順序が決まっています。“どこに何があるのか”も作業効率の向上に必要なことなのです。作業イメージが浮かんだ瞬間に、数ある道具の中から、一番最適な道具を選び的確な作業を行う。そのイメージ通りに行かない場合には、最適な道具を作る。

工房は今日も「筆を選ぶ」


2015.02.11 ほりうち)

posted by 石友 at 00:00 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページの上部へ
Powered by Seesaa