株式会社石友スタッフブログ

株式会社石友のスタッフブログです。

トップページ スタッフブログ

セッティング!

2016年12月02日




皆様こんにちは

今日は私が所属している部署、セッティングで使用している道具達を紹介したいと思います!


まずはこちらのX線装置

この機械の中に、ダイヤモンドを入れると本物なのかキュービックなのかを見極められます。
(※まだ加工をしていない、金属のついていないもののみです)



image1 (1).jpeg




石友がダイヤを仕入れたら、まず一番最初にこの機械を通します。

大事な工程のひとつです。




そしてダイヤを仕入れたとき、一番最初は色んなサイズが同じ袋に入った状態です。
まずはサイズごとに分ける作業があります。

その分けるために使う道具がこちら!

IMG_8647.JPG


シーブというものです。


中には穴が開いた板が沢山入っています。

image1 (2).jpeg

この穴がサイズごとに分かれていて、筒の中にこの板をセットして使います。


ふるいと同じですね

こちらのシーブは0.75mm〜3.8mmまで分けることができますよ!

image3.jpeg

一番大きいサイズと小さいサイズを比べてみるとこんなに違います!



シーブ以外にもサイズを計ることができる道具もあります。

image2 (1).jpeg



のぎすです!
こちらは一つ一つサイズを計るものです。



そして検品にかかせない絶対的存在がこちらです

IMG_8646.JPG


ルーペ&ピンセット 

これがないと検品はできません!

どんなに小さな石でもこのピンセットで掴んで検品します。

image2.jpeg

こんな風に毎日検品をしています◎


ちなみにルーペを通して見ると、10倍の大きさで見ることができます。

image1.jpeg


小さな粒々が紙の上に乗っているのが見えるかもしれませんが、
その石をルーペ越しで見るとこんな風に見えます。
かなり大きいですね

(ちなみにこのダイヤのサイズは1.4mmです。)


こういう風にして石のキズやカットの検品を毎日行っています。



そして最後にこちらを紹介します。

IMG_8654.JPG


高精度音叉式カラット天秤。

自社ではキャラ量りと呼んでいます。


これで石の重さを量ります



こんな風に色んな道具を使いながら私達は毎日仕事をしています!
当たり前のように使っていますが、とても便利な世の中ですね。



▽ a.satou



posted by 石友 at 07:00 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾロ目の日

2016年11月11日

本日は、11月11日。

チンアナゴの日ですね!!

巣穴から群れで頭を出している姿が、【1111】に見えることから、

すみだ水族館が2013年に制定したそうです。

海のないところに住んでいますが、海大好きダイバーなので真っ先に浮かびました。


と、思いつつ他にも何かあるのかな??と検索してみたら驚くほど出てきました 

ゾロ目だから覚えやすいということもありもってこいの日ですが、結構強引なものまであって

面白かったので書いてみました。


〇介護の日 

 【いい日いい日】の語呂あわせから、厚生労働省が2008(平成20)年に制定。

〇サッカーの日

 【11対11】で行うから、スポーツ用品店メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが制定。

〇電池の日

 乾電池の+−を【十一】に見立てて、現在の電池工業会が1987(昭和62)年に制定。


他には、

2足並べた時の形が【1111】 ⇒ 靴下の日

1を4つ組み合わせると正方形の形になる ⇒ 折り紙の日

足跡が【1111】に見える ⇒ 下駄の日

漢字の旁、圭を分解すると【十一十一】 ⇒ 鮭の日

4本並べた形が【1111】 ⇒ もやしの日

4本立っているように見える ⇒ 煙突の日

【1111】が人が集まって立ち呑みしてるように見える ⇒ 立ち呑みの日


などなどありました!

と、石友とはまったく関係ないことを書いてしまいましたが、1つだけありました。


《ジュエリーデー》 

1909(明治42)年11月11日

日本で正式に宝石の単位 (カラット/ct、1ct=0.2g) が採用された日だそうです。

これを記念して日本ジュエリー協会がジュエリーデイ 宝石の日 を制定。

因みに、1ct=0.2gってどのくらい??と言いますと・・・


1ct.jpg  1ctのダイヤモンド


一例ですが、とっても小さいです。

しかし、色や質などによってはとてつもない価値があるんです。

宝石って不思議です。 


11月11日 色んな日ですね^^


hoso




















posted by 石友 at 07:00 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門集団の四方山話〜「白い手」〜

2016年10月28日

Aria106には

「心を入れて創り、心を込めて売る」

を実践する専門職の仲間たちが集まっています。

その空間には、たくさんの「心」があります。

皆さんにその「心」をお伝えしたい。

そんな思いで始めた四方山です。

Yomoyama6〜白い手〜

指紋を最初につけるのはお客様

ここAria106では、「白い手」があちこちに出没します。お客様の大切な商品に、「最初に指紋をつけるのはお客様」の考えのもと白手袋を着用しています。

白手袋の意味

白い手袋といえば選挙活動をイメージされる方が多いと思いますが、その意味をご存知ですか?立候補者が着用する白い手袋は、清廉潔白であることを主張する、象徴的なアイテムなのだそうです。大切なお客様との対応が多く、清潔感を印象付けたい、ホテルのドアマンやバスガイドさんも着用していますよね。

面白いところでは、新郎の白い手袋と新婦の父の白い手袋があります。新郎の白い手袋は、剣に見立ててあり、「この剣で新婦を守ります」という意味があるそうです。新婦の父の白い手袋には、「剣に見立てたこの白い手袋で、新婦を守って育ててきました。」という意味があるそうです。この意味を知っているか知らないかで、白い手袋の重みが変わってくますよね。

白い手袋には自分の手が穢れていて、汚いものであるという前提で「大切」なものを取り扱う彩に「敬い」を表すために着用するという意味が込められているのです。

―心を入れて創り、心を込めて売るー

Aria106の「白い手」には大切なお客様の大切な品に敬意を払う。そんな気持ちが私たちの「白い手」です。

2016.10.28 ほりうち)

posted by 石友 at 00:00 | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページの上部へ
Powered by Seesaa